朝食は絶対に抜いてはいけない!

はじめに

みなさんこんにちは、こんばんは。かずです。
朝ごはん、しっかり食べていますか?
朝はどうしても忙しくて食べられない
朝は食欲がない
朝起きるのがつらくてギリギリまで寝てる
ダイエットのために朝はあえて抜いている
色んな理由で、朝食を抜いている人がいるかと思います。
しかし、朝食は絶対に抜いてはいけません!今回はその理由について解説します!

 

脳がエネルギー不足に!?

食事などで摂った糖質は筋肉や脳でエネルギーとして使われますが、使いきれなかった糖質は肝臓にグリコーゲンとして蓄積されます。人は眠っている間は糖質を吸収できませんが、脳は眠っている間でも糖をエネルギーとして消費します。その間は肝臓に蓄積されたグリコーゲンをグルコースに変えて血糖値を一定に保つために使用され、脳にエネルギーとして供給しています。肝臓に蓄積されるグリコーゲンは約60gで、8時間寝ている間に脳が使う糖は40g以上なので、起きた時には糖が枯渇している状態にあります。

色んなところに悪影響が!!

こんな状態で朝食を食べずに糖質によるエネルギー供給を怠るとどうなるでしょうか?脳へのエネルギー供給は上手くいかず、集中力、記憶力、学習能力が低下してしまいます。



朝食抜きはテストの結果も悪い

2002年に文部科学省が中学2年生の生徒を対象に行った調査では、朝食をほとんど食べない生徒に比べて、必ず食べる食べる生徒は数学のテストの平均点が60ポイントも上回りました。

ほとんど食べない 452
食べないことが多い 458
だいたい食べる 480
必ず食べる 513

朝食を食べると、思い出す力が

図形の位置と、言語を記憶する2つのテストを朝食を摂ったグループと摂らなかったグループで実施したところ、思い出すまでの時間は摂ったグループの方が早いという結果が出ました。

 

 

朝食はかならず食べよう!

以上のことから、朝食は必ず食べた方が良いといえます。また、朝食を摂らないと単純に空腹からイライラしたり、仕事が捗らなかったり、悪影響ばかりです。

それよりもしっかりと朝食を摂って、快活な毎日を送って下さい。朝食を食べることはメリットしかありません。朝は食欲がなかったり、もう少し寝ていたいという人もいるとは思いますが、しっかり起きて、しっかり朝食を食べて下さいね!

ではでは~



コメント

タイトルとURLをコピーしました