食べてもいいよ!頑張っているならね。

はじめに

みなさんこんにちは、こんばんは。かずです。
トレーニング、ダイエット、みなさん頑張っていますか?
ところで、体重を落としたいけど、最近体重が落ちなくなってきた。最初は順調に落ちていたのに…と停滞期に陥っている方はいらっしゃいませんか。停滞期はダイエットにつきものです。もしその停滞期、食べたいものを食べることで乗り越えることが出来たならどうしますか?食事はシンプルで同じものの連続だし、体重は落ちないし、もしそうなら一石二鳥ですよね。

今回は食べたいものを食べて停滞期を突破する方法をお伝えします。

 

 

チートデイとは

「チート」は反則やだますという意味があります。週1日を目安に何でも食べていいという日を作る方法を「リフィード」と呼び、この何でも食べていい1日をチートデイといいます。ダイエット中はどうしても質素な食事かつ低カロリーなものになります。すると身体は少ない摂取エネルギーでも生活できるように対応し、消費エネルギーが落ち、代謝が落ちます。そうなると体重が落ちない、いわゆる停滞期に入ってしまうのです。

このタイミングでチートデイを設定してあげると、高カロリーなものが身体に入ることで再び代謝が上がります。この1日を入れることで身体をいわばだまし、再び体重が落ちるように仕向けるのです。

また、好きなものを食べられるという面で、チートデイは精神面のストレスを開放する作用があります。次の日からの元の食事も心機一転して取り組めるようになるのです。

 

食べることを恐れない

チートデイの効果はかなりあり、チートデイの日はどうしても体重が増えてしまいます。しかしその他の日はきちんと体重が落ちますから、ご安心ください。食べることを恐れてはいけません。停滞期打破のために恐れてはいけないのです。

但し次のチートデイの時に何も変動が見られない場合はただ欲望に負けて食べてしまったということになります。チートデイはあくまで、その他の6日を頑張った者のみが許されるご褒美だと捉えて下さい。

 

 

上手く停滞期を乗り越えよう!

シンプルな食事とチートデイを繰り返していると、ふとした時に「今日は別にチートじゃなくてもいいかな」と思うときが来ます。そうなってきたら、シンプルな食事が身体にしみついてきた証拠です。長く続けて入れば絶対にうまくいきますので、チートデイで身体をだまし、癒しながら停滞期を乗り越えて下さいね!

ではでは~


コメント

タイトルとURLをコピーしました